豊田市の外壁塗装・屋根塗装はプロタイムズ豊田永覚店へ!

豊田市の外壁塗装・屋根塗装はマルヤマにお任せ|戸建て・アパートやマンション・工場ごとにおすすめの塗料ランキング

豊田市の外壁塗装・屋根塗装はマルヤマにお任せ|戸建て・アパートやマンション・工場ごとにおすすめの塗料ランキング

スタッフブログをご覧いただきありがとうございます!

愛知県豊田市の塗装会社、

プロタイムズ豊田永覚店/株式会社マルヤマです。

外壁塗装や屋根塗装を行う際、依頼者様の多くが悩まれるのが「塗料の種類」です。どの塗料を使えば良いか、どうすれば効率よく多くの効果を得ることができるのかと悩んだ末、業者のおすすめする塗料の中からチョイスするというのが一般化されています。

つまり、塗料の知識がないのに全商品を並べられても「何が良いかわからない」のであれば、ありがた迷惑でしかないということです。ニーズにあった塗料の選択肢を提示して、その中から選べるのと「とりあえず全部のアイテムから選んでね」というスタイルは、全く意味合いが違います。

今回のお役立ちコラムでは「【建物別】アステックペイントのおすすめ塗料」をランキング形式で簡単にご紹介していきたいと思います。

参照のリンク先には、塗料の詳細データが記載されたアステックペイントの広告ページがありますので、そちらもご確認ください。

戸建て住宅の外壁塗装におすすめの塗料

戸建て住宅の外壁塗装におすすめの塗料

戸建て住宅の外壁塗装の場合、ポイントとなるのは以下のような効果です。

  • ・メンテナンスフリー
  • ・ロングライフ

できることなら、日常的にお手入れの手間を減らすことができ、次回のメンテナンスまでの周期を引き延ばせるような、ロングライフ性を誇る塗料が好まれています。

そのため、必然的に「フッ素塗料」をおすすめする流れになる傾向が強いです。

1位:超低汚染リファイン1000MF-IR

超低汚染リファインをおすすめする理由は、圧倒的に優れた「低汚染性」です。メンテナンスフリーで住み続けるために必要な効果であり、快適性アップには必須の効果と言えるでしょう。

シリコン塗料とフッ素塗料がありますが、高い低汚染性を長期間維持するなら間違いなく「フッ素塗料」がおすすめです。塗料の耐用年数も長く、次のメンテナンス周期を15年程度まで先に設定できます。

参照:超低汚染リファイン1000MF-IR

2位:フッ素REVO1000-IR

フッ素塗料での外壁塗装は、どうしても高額になってしまうというのが悩みポイントになっています。そのため、リーズナブルにフッ素塗料を選択できる塗料が好まれる傾向にあり、そのニーズを見事に満たしているのがフッ素REVO1000-IRです。

IRの記載がないフッ素REVO1000の場合、遮熱性能が付帯されていないので、快適な室内空間を実現する場合には必ずIR表記のものを選びましょう。

参照:フッ素REVO1000-IR

3位:超低汚染リファイン弾性1000MS-IR

超低汚染リファインシリーズの多くは、表面の硬さが優秀で超低汚染性能を維持しています。しかし、その弊害が「ひび割れやすさ」で、シリコン塗料もフッ素塗料もひび割れやすさが弱点と言われています。

その弱点を克服したのが「超低汚染リファイン弾性」です。通常、弾性塗料は汚れの付着が気になるのですが、そこは持ち前の超低汚染性がカバー。ひび割れやすさを克服しながらも汚れ対策もバッチリというニーズにマッチする塗料になっています。

参照:超低汚染リファイン弾性1000MS-IR

戸建て住宅の屋根塗装におすすめの塗料

戸建て住宅の屋根塗装で求められるのは、以下のようなポイントです。

  • ・快適性アップ
  • ・省エネ対策

ウィズコロナ以降、値上がり続けている電気代をカバーできる効果を持った塗料を求める声が多いため、ご提案するのは「遮熱塗料」が多くなっています。

1位:スーパーシャネツサーモF

アステックペイントの遮熱塗料のフラッグシップモデルがスーパーシャネツサーモです。非常に優れた遮熱性を発揮してくれるので、室内の快適性は格段にアップします。ただし、室温が下がるわけではなく「体感温度が下がる」という点を忘れないでください。

参照:スーパーシャネツサーモF

2位:スーパーシャネツサーモSi

先述したフッ素タイプよりも耐用年数が短いシリコンバージョンです。しかし、短いといっても13〜16年の耐用年数を誇る塗料なので、長期間遮熱性を維持することはできます。

参照:スーパーシャネツサーモSi

3位:超低汚染リファイン500Si-IR

超低汚染リファインの屋根用塗料になります。1000番手の外壁用塗料よりも紫外線からのダメージに強い仕様になっています。

参照:超低汚染リファイン500Si-IR

アパートやマンションの外壁塗装におすすめの塗料

アパートやマンションの屋根塗装におすすめの塗料

アパートやマンションは、戸建て住宅よりも施工面積が広いため、以下のポイントが選ばれる要素になっています。

  • ・メンテナンス周期の先送り
  • ・コストパフォーマンス

これらを満たすには、塗料自体のロングライフ性能を重視する必要があるでしょう。

1位:フッ素REVO1000-IR

マンションやビルなど、広範囲で外壁塗装をしなければならない場合にも、フッ素REVOは高いパフォーマンスを発揮してくれます。コスト面とロングライフ面の両方でおすすめできる塗料です。

参照:フッ素REVO1000-IR

2位:超低汚染リファイン1000MF-IR

コスト面では若干おすすめしづらいのですが、ロングライフ性能の高さから、メンテナンス周期を長く設定できる点でおすすめしたいのが超低汚染リファインです。遮熱性も高いので、機能性バッチリです!

外壁洗浄コストも圧縮できるので、20年近い期間のトータルコストで勝負ができます。

参照:超低汚染リファイン1000MF-IR

3位:スーパーラジカルシリコンGH

ラジカル制御型塗料なので、塗装の劣化を大幅に遅らせることができ、防カビ・防藻性能も期待できる塗料がスーパーラジカルGHです。コストパフォーマンスにも優れているので、アパート・マンションの外壁塗装にはおすすめです。

参照:スーパーラジカルシリコンGH

アパートやマンションの屋根塗装におすすめの塗料

アパートやマンションの屋根は、圧倒的に住民満足度を追求すべきです。

  • ・雨漏り対策
  • ・快適性アップ

とにかく雨漏りだけには気をつけましょう。

1位:スーパーシャネツサーモF

屋根に近い部屋に住んでいると、どうしても屋根からの熱の影響を受けやすくなってしまいます。そのため、高い遮熱性を持つ塗料を選ばれるオーナー様が多いです。ユーザーニーズを考えた際、シリコン塗料よりもフッ素塗料でメンテナンス周期を延ばすことをおすすめしています。

参照:スーパーシャネツサーモF

2位:EC-100PCM

雨漏り対策をするなら、防水性の高い塗料を選ぶことが重要です。EC-100PCMは、ピュアアクリル樹脂によって非常に高い防水性能を発揮するとともに、アクリル塗料にも関わらずロングライフ性能にも優れています。

参照:EC-100PCM

3位:シャネツトップワンSi-JY

遮熱性は欲しいけど、コストの高さが気になるという方には、ワンランク落としたシャネツトップワンをおすすめします。シリコン塗料なので、フッ素ほどのロングライフ性能は期待できないものの、13〜16年の耐用年数は決して短くありません。

施工コストを落とすことができるので、費用面での強みを活かすことをおすすめしています。

参照:シャネツトップワンSi-JY

工場の外壁塗装におすすめの塗料

工場の外壁は、一般的に「金属壁」を使用されることが多いため、熱対策が非常に重要になります。コンクリート壁の工場の場合も、芯材となっている重量鉄骨が熱を帯びてしまうので、それらを踏まえた塗料選択が必要です。

1位:超低汚染リファイン1000Si-IR

工場の外壁は、フッ素塗料のような高強度の塗料ではなく「メンテナンスコスト」を下げられる塗料を使用すべきです。それでいて多機能なものが喜ばれます。超低汚染リファインのシリコン塗料に遮熱効果も期待できるのであれば、これ以上の選択肢はないでしょう。

参照:超低汚染リファイン1000Si-IR

2位:EC-5000PCM

やはり防水性が重要です。工場という特性上、工業機械の水濡れを最大限避けたいので、防水性に優れた塗料は是非ともおすすめしたいでしょう。特にコンクリート造の建物の場合、酸性雨の影響も防げるのでおすすめです。

参照:EC-5000PCM

3位:スーパーラジカルシリコンGH

工場によっては、数百坪の敷地に広大な建物があるという場合もあります。そんな時、低コストでロングライフな塗料を使用して外壁塗装をすることが望まれるオーナー様が多いです。他の機能性塗料と比べても遜色ないロングライフ性を発揮できるので、スーパーラジカルシリコンGHは重宝されています。

参照:スーパーラジカルシリコンGH

工場の屋根塗装におすすめの塗料

工場の屋根塗装におすすめの塗料

工場の屋根は、外壁と同じ材料で作られている場合が多いです。しかし、紫外線の影響を一挙に引き受けているという特性上、紫外線に強い「屋根専用」の塗料を使用することをおすすめします。

また、サビ対策も強くおすすめしたいポイントです。雨漏りの多くは屋根が原因となっているため、屋根のサビ対策を怠らないようにしましょう。

1位:超低汚染リファイン500Si-IR

建物の快適性を維持するのは、ただ遮熱塗料を使えば良いわけではありません。表面に付着する汚れを排除して、熱源となる部分をなくすという点も重要になってきます。超低汚染性能と遮熱性能を併せ持ち、紫外線対策もバッチリな超低汚染リファイン屋根用がとてもおすすめです。

参照:超低汚染リファイン500Si-IR

2位:EC-100PCM

サビ対策をしっかりと講じた上で、完全な防水対策を施すというのは、工場内の雨漏り被害をなくすために必要な対策と言えるでしょう。EC-100PCMを使用することで、工場内の雨漏りリスクを軽減できます。

参照:EC-100PCM

3位:ラス・トレイント

上塗り材ではないのですが、工場の屋根には絶対にラス・トレイントによるサビ対策を施すことをおすすめしています。サビが発生すると、放置することで被害がどんどん拡大してしまい、最終的に雨漏りが発生してしまうのです。

それを防ぐためにも、まずは下処理を確実に行い、サビの発生を防ぐ・発生したサビを食い止めるという対策が重要になります。

参照:ラス・トレイント

より機能性の高い塗料が欲しければ「プラチナシリーズ」

アステックペイントの最上ランク塗料には「プラチナ」という冠詞がついています。より高耐久で確実な効果を期待する方は、ぜひ一度プラチナシリーズを選んでみてください。

  • ・超低汚染プラチナリファイン2000MF-IR
  • ・超低汚染プラチナリファイン2000Si-IR
  • ・プラチナシリコンREVO2000Si-IR

高コストには理由があります。

マルヤマで最適な塗料を選ぶ、あなたの塗装パートナー

マルヤマで最適な塗料を選ぶ、あなたの塗装パートナー

豊田市での外壁塗装や屋根塗装をお考えの方々に、プロタイムズ豊田永覚店/株式会社マルヤマが建物ごとにおすすめする塗料ランキングをご紹介しました。

戸建て住宅、アパートやマンション、さらには工場の特性に応じた最適な塗料を選ぶことで、メンテナンスの手間を減らし、長期的な耐久性を確保することが可能です。各種塗料の特徴を理解し、お客様のニーズに最適な選択をすることが重要です。

弊社は、それぞれの建物の特性を熟知し、最適な塗料選びをサポートしています。もしお困りの点やご不明な点がありましたら、いつでもご相談ください。お問い合わせは、ウェブサイトの問い合わせフォーム、メール、またはお電話で受け付けております。さらに詳しい情報を知りたい方や、直接話を聞きたい方は、ショールームへのご来店も心よりお待ちしております。

弊社は、豊田市での塗装工事に関するあらゆるご要望にお応えするために、専門的な知識と経験を持ったスタッフが対応いたします。あなたの大切な建物を守るために、最適な塗料選びから施工までをトータルでサポートします。今すぐお問い合わせいただき、快適で美しい住まいづくりを始めましょう。

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら