豊田市の外壁・屋根塗装ならプロタイムズ豊田永覚店におまかせください!

スタッフブログ

屋根リフォームどんな方法があるの?

+。。.。・.*+。。.。・.*+。。.。・.*+。。.。・.*+。。.。・

スタッフブログをご覧いただき

ありがとうございます。

愛知県豊田市の塗装会社 プロタイムズ豊田永覚店

株式会社マルヤマです。

豊田市・知立市・岡崎市・刈谷市・安城市の

屋根外壁塗り替えならお任せください!

。。.。・.*+。。.。・.*+。。.。・.*+。。.。・.*+。。.。・.

「屋根のリフォームを考えているけど、どんな方法があるの?」

このようなことで悩んでいる方いませんか?

屋根リフォームについて考える上で知っておくべき基礎知識を紹介します😊

1.屋根リフォームに関しての基礎知識

屋根をリフォームするにあたって、まずは「屋根」について知っておく必要があります。

家には当たり前に屋根がついていますが、それを目にする機会がほとんどありません。

屋根というのは住宅の中でも非常に重要な部位であるにもかかわらず、頻繁に状態を目にするところではありません。

ですから、気づいた時には劣化がかなり進行してしまって、大規模な改修が必要な状態になっているケースもあります。

 

建物を長く持たせるには、定期的に屋根の状態を確認して、適切なメンテナンスが必要なのです。

 

 

2.屋根リフォームの種類

屋根のリフォームの方法としては、カバー工法葺き替え工事塗り替え工事の3種類があります。
ここでは、それぞれの方法の特徴やメリット・デメリットについて説明していきます。

2-1.カバー工法

カバー工法とは、既存の屋根の上に新しく防水シートと屋根材を重ねて取り付ける工事のことです。

築年数が経過し、傷みが進行して塗装に向かない屋根のリフォームとして多くの方に選ばれています。

屋根のリフォームの中でも耐久性が高いため、「今後屋根はノーメンテナンスにしたい」という要望から

定年退職後の最後リフォームに屋根カバー工事を選ばれる方もいらしゃいます。

メリット

葺き替え工事に比べ工事期間が短く、費用が抑えられる点です。

また、既存の屋根を解体しないので廃材が出ず、環境にやさしい方法といえるでしょう。

さらに屋根材が二重になるので、断熱性、遮音性も高まります。

デメリット

屋根が二重になるため、現状より屋根が重くなることです。

その分耐震的に不利になります。

カバー工法用の屋根は概して軽いのでそれほど大きな負担にはなりませんが、耐震性能に不安がある場合は、事前に確認をしておきましょう。

カバー工法についての詳細はこちら

 

 

2-2.葺き替え工事

葺き替え工事とは、傷んだ屋根材を取り外し新しい屋根材に乗せ換える工法です。

雨漏りが発生しているなど、腐食がすすんdねしまった屋根のリフォームにも対応することができます。

また、軽量化された金属屋根に取り換えることで、家の重心を低くし、減震効果も望むことができます。

ただ、大規模リフォームとなるため費用も他の修理と比べると高くなってしまいます。

✨メリット✨

表面の瓦だけでなく、下に敷いてある防水シートも交換しますので、全体を健康に保つことができます。
また現状よりも軽い屋根材を選ぶことで、耐震性を向上させることができます。

✨デメリット✨

カバー工法や塗り替え工事比べて、屋根材を全て取り替えるので、材料費が高くなるのは、想像に難しくないでしょう。

さらに既存の屋根材を処分しなければならないので、その費用も掛かります。

また工事期間も長くなるため、職人の人件費もその分増加します。

 

 

2-3.塗り替え工事

屋根を塗り直すことで、綺麗な姿を取り戻します。

雨漏りなど屋根の痛みがひどくなる前に、定期的な塗替えリフォームを行うことで、耐久性を高め、

屋根の寿命をのばすことが出来るのです。
また、遮熱性に優れた塗料を使用することで、お住いをより快適にします。

✨メリット✨

工期が10日から14日と短い期間で行うことができ、使用する塗料によって価格帯ががらっと変わるため、自分のライフプランに適した塗料を選ぶことができます。

また、塗料によっては断熱や保温といった機能を持つ塗料も存在します。

✨デメリット✨

屋根下地が腐食していた場合は、補修は不可能な点が挙げられます。

また、工事中に腐食が進んだ箇所に乗って割られるという可能性があります。
カバー工法等と比較すると定期的なメンテナンスが必要な方法なため、長期的な観点から見ると費用が余計にかかってしまう場合もあります。

 

 

3.屋根リフォームは外壁と同時にするのがお得

外壁のリフォームの時期は、新築後や前回の塗装工事後の7~10年程度が一般的ですが、

外壁塗装の工事の時には足場を設置する必要があります。
足場の費用は約15万円~20万円なのですが、外壁塗装工事の時に足場を設置するということがポイントで、

足場を設置するタイミングで屋根のリフォームもした方が費用面で大きく抑えることができます。
外壁リフォームで足場を立てて屋根のリフォームでも足場を立てるとなると、足場の費用が2回分必要になってしまうので、

同じタイミングで工事をした方が大変お得ということに加え、工事の回数を減らすことにも繋がります。

 

「屋根リフォームのタイミングについてもっと詳しく知りたい」という方。

プロタイムズでは外装劣化診断士による診断を行っております。

診断結果は

🌻診断士の解説付きビデオ診断DVD

🌻10ページ以上の外装劣化調査診断報告書

🌻外装リフォーム図面(外装リフォーム工事に必要)

3点セットでお届けいたします(*’ω’*)☆彡

診断は無料で行いますのでご安心ください🏠❣

「外壁塗装のタイミングかな?」と思ったら、まずは無料診断から!

ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。(*’ω’*)🏠

フリーダイヤル0120-578-576(営業時間 9:00〜18:00)

 

 

 

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • ショールーム来店予約
  • お問い合わせ・無料お見積もり
  • LINE
to top