豊田市の外壁・屋根塗装ならプロタイムズ豊田永覚店におまかせください!

スタッフブログ

火災保険で雨漏り修理が可能?

゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・

スタッフブログをご覧いただき

ありがとうございます。

愛知県豊田市の塗装会社 プロタイムズ豊田永覚店

株式会社マルヤマです。

豊田市・知立市・岡崎市・刈谷市・安城市の

屋根外壁塗り替えならお任せください!

リフォームならリフォーム専門マルヤマリフォームへ

お任せ下さい!

。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・.。*゚+。。.。・

こんにちは!!

プロタイムズ豊田永覚店は本日も元気に営業しております✨

 

さて、今回は「雨漏り」に関する記事の投稿です!

これから梅雨の季節に入り、雨漏りトラブルも増えてきます。そして、知らない方が多いんですが、雨漏りよる修理が可能な場合がありますので、注意点や具体例も交えながら説明させていただきます。

結論、火災保険が適用されるポイントとして、雨漏りの原因が「自然災害によるものか」が重要となります。経年劣化や人的な被害による雨漏りの場合は、火災保険が適用されませんので、ご注意ください。

では、自然災害となどんな災害を指すのかと言うと、

「風災」「雪災」「雹災(ひょうさい)」が挙げられます。

詳しく見ていきましょう。

—————————————————————-

風災:台風、竜巻、防風、強風、旋風等の強い風による被害

<具体例>

・瓦のずれ・雨樋や屋根の変形、破損・飛来物による破損 等

—————————————————————-

雪災:大雪、雪崩等による被害

<具体例>

・屋根に積もった雪の重みによる被害
・積雪の落下による破損
・雪解け水による被害 等

—————————————————————-

雹災:雹による被害

<具体例>

・雹による屋根の破損 等

—————————————————————-

上記の様な災害が火災保険の対象となりますが、例えば「吹き込みによって」となると、経年劣化による外壁や屋根にひび割れ等があった場合は、「風災」によるものではなく、「経年劣化」による雨漏りとして判断されてしまう可能性があります。従いまして、審査結果が出るまで、自然災害として絶対認定される、とは言い切れないので注意が必要となります!

まずは、加入している火災保険の保険証券を確認してみましょう。保険の種類は、大きくわけて住宅火災保険住宅総合保険の2種類です。※火災保険とは別に火災共済があります。

 

ちなみに!!

雨漏りが発生してから3年以内に申請しないと、時効を迎えてしまいます。また、上記に記載しましたが、自然災害で被害を受けたとしても、時間が経つと「経年劣化」として扱われる可能性も大きくなってきます。できる限り早く申請することをオススメします!

 

<火災保険が適用されるまでの手順>

①保険会社、保険代理店へ連絡

②保険会社からの案内・書類の記入、申請

③保険会社による現場調査

④現場調査結果の連絡を受ける

⑤雨漏りの補修工事をおこなう

 

以上簡単な説明や流れになります。

プロタイムズ豊田永覚店では、外装劣化診断士による、

雨漏り調査も無料で行っております!

少しでも違和感を感じたら、お気軽にご相談ください。

フリーダイヤル0120-578-576(営業時間 9:00〜18:00)

 

 

 

 

 

 

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • ショールーム来店予約
  • お問い合わせ・無料お見積もり
  • LINE
to top