豊田市の外壁・屋根塗装ならプロタイムズ豊田永覚店におまかせください!

スタッフブログ

外壁塗装とシーリング

豊田市の屋根外壁・塗装専門店 プロタイムズ豊田永覚店です🌻

今日は外壁塗装とは切っても切れない関係の「シーリング」についてお話したいと思います。

シーリングとは?

外壁と外壁の間に充填されていて、コーキングとも呼ばれクッションのような役割を持っているもののことを指します☝

シーリングにはと弾力性を持たせる成分(可塑剤)が含まれているので、

★お家への水の浸入を防ぐ

外壁同士の隙間をシーリングで埋めることで、水の建物内部への浸入を防ぎます。
しっかりと施工されていなければ、雨天時に建物に水が入ってしまい、年数を経ることで雨漏りが発生する危険性があります⚡
また、シーリングの劣化により、防水性が低下することも雨漏りの要因の一つと言われています。

 

★地震などによる揺れの負担を緩和する

家は、家自体の歪みやサイディングの収縮によって微かに動いています。外壁同士の隙間に充填されているコーキングには、その動きに追随し、揺れを緩和させる役割があります。

 

シーリングの寿命は5~10年!

上述したように、シーリングは大切な役割を持っています。

弾力性を持たせる成分、可塑剤の寿命はおよそ5~10年で、それに伴ってシーリングも5~10年で寿命がやってきます💦

屋根や外壁のみではなく、シーリングも定期的にメンテナンスすることが家を良好な状態に保つうえで、とても重要となります。

 

【シーリング材の損傷と原因、劣化因子の関係性】

シーリング材の損傷は、可塑剤の流出が原因の硬質化や痩せ。

住宅壁面の伸縮や振動などムーブメントが原因の亀裂・破断・剥離。

自然界から受ける紫外線・水分・熱が原因の表面劣化が代表されます。

 

シーリングの打ち替えは外壁塗装のタイミングで!

シーリングの補修は、屋根や外壁のメンテナンスをするのと同じタイミングで行うのをおすすめしています。

理由としては、屋根や外壁のメンテナンスでは、足場を家の周りに架けますが、シーリングの補修も高所での作業なので、足場が必要になるためです。

この足場代が一般的には15万円~20万かかるため、足場を架けるタイミングでシーリング補修も済ませてしまうのがお得といえます(*^-^*)

 

住宅用シーリング材に求められる「二つの耐性」とは

シーリング材の劣化現象が同時発生すると損傷はあっという間に進行します💦

役割を長く継続させるには、劣化・損傷に強い耐性を持つシーリング材を選定することが一番の近道となります。

 

では、住宅用シーリング材に求められる「二つの耐性」とは、耐久性と耐候性の2つです!

①耐久性とは…長期に柔軟性(伸縮性)維持に必要な耐性

②耐候性とは…長期に美観(意匠性)維持に必要な耐性

外壁塗装時、使用するシーリング材にこの耐性がないと、せっかく良い塗料を使用して外壁を塗っても、シーリング材の劣化や損傷によって建物全体の劣化も加速させてしまう心配があります。

 

どのシーリング材を使えばいいの?

プロタイムズ豊田永覚店では、二つの耐性を兼ね備えたシーリング材「オートンイクシード」を使用しています。

オートンイクシードは新たに開発した特殊高耐久ポリマー「LSポリマー」を配合することにより、これまでにない耐久性、耐候性を実現した「超寿命シーリング材」です。
新築・リフォーム問わず幅広い用途で、長期に渡り大切な建物を雨水の侵入から守ります。

 

耐久性・耐候性の限界に挑む。新規開発「LSポリマー」の実力 新開発「LSポリマー」の誕生により、経年で流出する可塑剤を配合せずに優れた柔軟性を実現。経年による硬質化を防ぎ「柔らかさを長時間維持」します。

 

 

値段も通常のシーリング材を使用した場合と大きな差はないので、オートインクシードでの施工をお勧めしています✨

 

オートインクシードはカラーバリエーションが豊富!

このように、ものすごい数の色が用意してあります。

基本的には外壁に使用する塗料に近い色をこちらで選んでいますが、

ご希望がある場合は事前にご相談くださいね(*^-^*)

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • ショールーム来店予約
  • お問い合わせ・無料お見積もり
to top