豊田市の外壁・屋根塗装ならプロタイムズ豊田永覚店におまかせください!

スタッフブログ

「我が家の屋根は何??塗装できるの?」の疑問にお答えします(^▽^)/~金属屋根編~

こんにちは🌞

豊田市の屋根・外壁塗装専門店 プロタイムズ豊田永覚店です。

先日から屋根についてのブログを書かせていただいています。

🏠スレート瓦屋根

🏠モニエル瓦屋根

屋根っていろんな種類があるんです。
一戸建ての住宅をお建てになって経験がある方はご存じかもしれませんが、

・ご自宅の屋根の種類が何なのか
・どんな特徴があるのか
・見栄えが悪くなってきたけど、どうやって直すのか

大切なマイホームのことなので、
正しく知っていただきたいと思います。

 

今回は「金属屋根」についてご説明させていただきます(^^)/

【金属屋根とは?】

この瓦は金属瓦で、その金属素材によって

「ガルバニウム鋼板」

「鋼板」

「カラー鉄板」

などの種類があります。

 

また、葺き(ふき)方によっても名称が変わり、

長方形の平板を横長に葺く

「一文字葺き」

棟から軒先にかけて棒を並べたように葺く

「瓦棒(かわらぼう)葺き」 (従来のトタン屋根)

鉄骨梁に溶接したタイトフレームに金属製折半(せっぱん)をボルトで固定する

「折半葺き」(凸凹の屋根)

などがあります。

 

この瓦は屋根素材の中で最も軽いので施工がしやすく、

耐震性に優れています。

素材そのものが特徴柄、耐熱性と耐水性が高いですが、

金属材料のみでの断熱性は期待できません

使用する金属材料が薄い場合、遮音性が低くなるので、

雨雫や風の影響で金属板から音が発生することもあります。

 

【金属屋根の塗装施工の注意点】

耐久年数(修理目安時期)は10~20年です。

経年劣化が進むと錆が発生します。

一度錆が発生すると雨水によってさびが流れて、さびを誘発させます😨

耐久年数を少しでも延ばすために、防水加工や防錆加工などの定期的なメンテナンスが必要です・・・!

塗装により錆びの進行や防錆対策ができます。

また、金属屋根は夏季には表面温度が上がり屋根裏の高温化で室内の温度上昇が起きることから「遮熱塗料」の選択も有効です✨

🏠…☆…🏠…☆…🏠…☆…🏠…☆…🏠…☆…🏠…☆…🏠…☆…

 

今回は、金属屋根の特徴や塗装する場合に気を付けたいポイントについて紹介しました。

劣化の目安を自分でしり、定期的なメンテナンスを心がける事が長く、大切なマイホームを守ることに繋がります(*^-^*)

弊社では屋根の劣化状況の診断はドローンを使用していますので、

屋根に上ることがまずありません。

ドローンで空撮した映像は非常に鮮明でわかりやすいので、おすすめです✨詳しくはこちら

ぜひお問い合わせくださいね♪

※強風など非常に悪天候の場合、ドローンを飛ばすことが出来ないことがありますので、ご了承くださいませm(__)m

人気記事

お問い合わせはお気軽に!
ご都合にあわせてお問い合わせ方法をお選びください。

メールの方はこちら
お問い合わせ
  • ショールーム来店予約
  • お問い合わせ・無料お見積もり
  • LINE
to top